教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

「どんな時も」

牧師 田畑 淳

「何事にも時があり、天の下の出来事にはすべて(神によって)定められた時がある」(旧約聖書コヘレトの言葉3章1節)
生まれる時、死ぬ時、泣く時、笑う時、求める時、失う時、愛する時、憎む時など、人生にあるいろいろな時は、神様の御手の中にあるのです(コヘレト3章2~8節)。
苦しみの時、悲しみの時も、神様の御手の中にある「時」なのです。

聖書は、「神はすべてを時宜にかなうように造り、また、永遠を思う心を人に与えられる。それでもなお、神のなさるわざを始めから終りまで見極めることは許されていない」と語っています(11節)。
私たちは、神のなさることの全部を知ることはできません。
「神様はどうしてこんな苦しみを私に与えるのだろう。分からない…」と思うこともあるでしょう。
私たちには決して分からないことがあるのです。
でも、分からないからこそ、神様にゆだねることが必要なのです。
分からないからこそ、分からないまま、自分自身を神の手にゆだねていくのです。
イエス様が、十字架の上で「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのですか」と叫びつつも(マルコ15章34節)、息を引き取る前に「父よ、私の霊を御手にゆだねます」と祈られたように(ルカ23章46節)。
分からないままの自分を、神様の手にゆだねる…分からないまま、神様の手の中に飛び込んでいく…それこそが「信仰」なのです。

「人だれもが飲み食いし、その労苦によって満足するのは、神の賜物(神からの贈り物)だ」(コヘレト3章13節)
毎日の生活の中に神様からの贈り物がある、ということです。
一生懸命働いたり、笑ったり、泣いたりする日々の中に、神様からの贈り物がある…。
だからこそ、いつも神様を思い出しましょう。
毎日のちょっとしたことでも神様に感謝し、悲しみの時も、神様に自分の思いをそのまま訴え、祈りましょう。
今年もいろいろな時があると思いますが、どんな時もあなたは神の御手の中にいます。
どんな時も、神様の手の中に飛び込んでいけるのです。どんな時も、私たちは神様と共に生きるのです。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」1月号 より)

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)